ノロウィルス、インフルエンザ対策 電解水の日本エコ・システムズ

電解水農業(有機JAS)

  • HOME »
  • 電解水農業(有機JAS)

電解水農業(電解次亜塩素酸水) 有機JAS資材

電解次亜塩素酸水を生成するハイ・ジョキンは、農業でも有益な使用方法があります。特定防除資材に指定されたことで今後、本格的な導入促進が期待されます。

特定防除資材の指定についてSpecific control materials

有機JAS

2012年2月24日電解次亜塩素酸水は特定防除資材として承認されました。
特定防除資材とは、改正農薬取締法第2条第1項において「その原材料に照らし農作物等、人畜及び水産動植物に害を及ぼすおそれがないことが明らかなものとして農林水産大臣及び環境大臣が指定する農薬」とされています。

電解水特別栽培米

電解次亜塩素酸水使用のメリットMerit

  • 1.廃液処理の必要がない。
  • 2.人体や環境に害が無い。
    ①自然災害(動植物への影響や環境の汚染など)の心配がない。
    ②農薬による健康被害(生産者自身や周辺住民)の心配がない。
  • 3.農作物の病害予防に効果大
  • 4.根張りの良い、茎の太い健苗ができる。

利用例Example

ハイ・ジョキンが生成した電解次亜塩素酸水をタンクに貯め、それを利用します。
主に農産物の病気に対して利用され、もっとも効果的なのは予防です。衛生的な環境を作ることで病気の発生を抑える事が可能です。すでに様々な品種に対して良い効果を発揮しています。
作物が健康になることで根張りもよくなり丈夫で美味しい作物が育ちます。※画像をクリックすると拡大します。

お気軽にお問い合わせください TEL 045-542-2855 電話受付時間 10:00〜17:00(土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 日本エコ・システムズ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.