老人ホーム・歯科・保育園など施設の衛生管理のプロフェッショナル 電解水の日本エコ・システムズ(食品衛生HACCPなどノロウィルス、インフルエンザ対策

電解水(次亜塩素酸水)の特徴

電解 次亜塩素酸水 ハイジョキンⅡの殺菌力

電解次亜塩素酸水は、幅広い微生物(細菌・ウイルス等)に対して効果がありインフルエンザウイルスノロウイルスに有効です。また、次亜塩素酸ナトリウムでは効果がない細菌芽胞に対しても効果を発揮します。

 

 

ハイジョキンの遊離有効塩素の存在率

イメージ

「ハイ・ジョキン」は主成分の次亜塩素酸(HClO)を含む洗浄除菌水を生成します。
一般的に殺菌料として使用されている次亜塩素ナトリウムは、200ppm(有効塩素濃度)で使用するのに対しハイ・ジョキン」の洗浄除菌水は30ppm(有効塩素濃度)の濃度で同等以上の除菌効果があります。その力の源は、次亜塩素酸の存在比率です。
右図のように次亜塩素酸ナトリウムは次亜塩素酸(pH9~10)の存在率が5%以下ですが、「ハイ・ジョキン」の洗浄除菌水(pH5.0~6.5)は次亜塩素酸の存在率95%以上と、約18倍も存在します。
低濃度で除菌効果の高い「ハイ・ジョキン」の洗浄除菌水は優れた安全性と除菌効果により、人・環境にやさしい安全・安心・エコな洗浄除菌水です。

 

人体と環境にやさしいハイジョキンⅡ

電解次亜塩素酸水は有機物に触れると瞬時に元の水に戻るため、排水時においては環境への影響がほとんどありません。そのため、次亜塩素酸ナトリウムのように排水時には希釈中和する必要がなく効率的です。

安全・安心なハイジョキンⅡ

電解次亜塩素酸水は、厚生労働省より食品添加物として指定されており、人体に害がありません。

次亜塩素酸水について、人の健康を損なうおそれはないことから、食品添加物として指定することは差し支えない(厚生労働大臣 坂口 力 宛 薬事・衛生食品審議会会長 内山 充 答申(薬食審第0327004号)H14.3.27)

電解 次亜塩素酸水 ハイジョキンと次亜塩素酸ナトリウムとの殺菌方法の比較

電解次亜塩素酸水は、厚生労働省より食品添加物として指定されており、人体に害がありません。 

電解次亜塩素酸水
ハイジョキンⅡ
次亜塩素酸ナトリウム
有効塩素濃度 10~40ppm 100~10,000ppm
水素イオン濃度(pH) 微酸性(5~6.5) アルカリ性(使用濃度で8以上5)
安全性 手荒れ 少ない 多い
環境負荷 少ない 多い
トリハロメタン 生成なし 生成あり
金属腐食性 ほとんど無
今すぐこちらからご連絡ください。>>お問い合わせ!

お気軽にお問い合わせください TEL 045-542-2855 電話受付時間 10:00〜17:00(土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 日本エコ・システムズ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.